カウンターカウンター求人 転職ほのぼのレイク
人生に迷子の代弁者、再び・・・・・
サンテク | 日常 | 風景 | CD | 
リンク
White in Blue
≪2007.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2007.11≫
プロフィール

たかぶ。

Author:たかぶ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
「 2007年10月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.10.30 Tue
ある病院での出来事。






一人のおばあさんがいた。

末期がんだった。

それを知った彼女は一切の治療を拒否し

自宅で好きなことをして過ごした。



動けなくなり入院。




そんなある日。



彼女の病室に家族と親戚が集まった。

その数はざっと30人ほど。






「お別れ会」だった。






彼女が呼んだのだ。

「私はもうそろそろダメだから」と。



彼らは皆涙を流し

一人一人が彼女と抱き合い別れを惜しんだ。





そしてその後

彼女は一切の治療を断った。



また

看護師や医師が声がけしても

その後家族が面会に来ることは無かった。


「もうお別れは済みました。亡くなったら呼んでください。」

と言って。









その一週間後

彼女は旅立った。







病院は家族を呼んだ。



家族が来た。




彼女の息子は言った。





「『私が死んだら


かわいいパジャマに着替えさせて


お姫さま抱っこで運んでちょうだい』


ってあの日母と約束したんです。」





彼女は

かわいいピンクのパジャマに着替え

きれいに化粧され

息子にお姫さま抱っこされて病院を去っていった。















ある病院での出来事。
スポンサーサイト

日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.10.28 Sun
全身筋肉痛
木曜日に
「独りテニス」やって
全身筋肉痛になりました。


説明しよう!

「独りテニス」とは!

テニスボールにゴムヒモがついた道具を使い!

烈火のごとく!

ひたすらボールを打ち続けるという!

周りから見ればとてつもなく寂しそう&痛々しい!

というものである!!





はい。。
いつものテニスコートでやってきました。
2時間くらいかなぁ。

とにかくね
散歩中の人々の視線が痛かったです。

見ないで!

俺は空気だから!

と言いたかった・・・。


おととい、昨日はやばかったです。
階段が悪魔のあばら骨に思えました。
特に降りるときなんて地獄。


今日やっと落ち着いてきました。


またやりたいけど
今度は加減します。


日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.10.24 Wed
入力事務決定
11月1日付で入社が決定しました。
といってもバイトですが。
まぁ、社員登用もあるので。
土日祝休みと決まっているのが素晴らしいです。
考えているいろいろなことが計画的にできる。



やっぱ50人募集は良いね!
ひっかかる確率がドーン!!


生活の糧は確保できそうです。
これに伴い
またいろいろと始動していきたいと思っております。


温かい目で見守っていただければ幸いですw

日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.10.24 Wed
思ったんだ
母親の白髪が激増している



毎日毎日苦労している


膝も悪くなった


体調も悪い






その苦労の結晶を搾取するだけ搾取している


苦労させるだけさせている



それが俺











それが 俺 なんだ











現実から目を逸らしてはいけない。

日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.10.22 Mon
秋だね
というわけで
近くの池に行って来た。


DSCF0113.jpg

すんげぇいい天気!
にやけながら空を写してたら老夫婦に心配そうに見られた。
バカモン!この素晴らしさがわからぬのか!?


DSCF0117.jpg

俗に言う「落ち葉の絨毯」ってやつ。
もっと積もってたら
バサッ☆と倒れたいもんだが
栗のイガイガもたくさん転がっとる。
ある意味で地雷地帯。


DSCF0119.jpg

嗚呼、
この光に吸い込まれてどこかに行きたい・・・


DSCF0120.jpg

ピンボケだけどキノコ♪
これがでかくなるとカバノアナタケになります。
・・・勘だけど。


DSCF0124.jpg

実を発見!!
この後、
クリの攻撃「ツメの間にトゲ」が
クリティカルヒット☆


DSCF0132.jpg

紅葉の秋!!


DSCF0135.jpg

間違えてフラッシュたいても逃げない鳥たち。
カラス「おい、なんだあの男。ピカッて光ったぞ」
カモ「ただのヘタレだべ。ほっとけ×2」



雪虫もたくさんいたんだけど
写真に撮ることはできなかった。

あの可愛さ
害虫とはとても思えないねぇ。
触ると死んでしまうのが切ない。

風景    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.10.21 Sun
あああ
猫耳が好きです



うさぎ耳も好きです




コスプレしたい・・・

日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.10.18 Thu
Is it a good dream?
夢にあの娘が出て来た。
すっごく嬉しかったんだ。

今の年齢になってた。
夢ってすごい。
さらに素敵に綺麗になっていた。

いろいろ話した。
変わらない素晴らしい笑顔だった。

…僕が君の夢に出ることなんてあるんだろうか。

あれからもう10年。

全然成長してない。

でもあの頃に戻りたいんじゃない。

いい想い出だよ。

ただ…、

死ぬまでの間に
もう一度だけ会えたらいいな。

なんかB'zの歌詞みたいだw

日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.10.07 Sun
あるテレビ番組でいろいろな写真が紹介されました。



その中での原爆後の写真。






10歳くらいの少年が弟をおんぶしている写真。









弟はぐったりと背中で崩れ


既に息絶えている。



少年は

まっすぐ前を見つめて

気をつけの姿勢をしている。

手の指をピンと伸ばして。










その後火葬場で

弟が火に包まれたのを見届け

少年は

さっと踵を返し去って行ったという。

まっすぐ前をみつめ、一度も振り返らずに。



撮影者は

「彼を抱きしめたかった。

でも

それすらできなかった」そうです。






その撮影者は日本で被爆したアメリカ人。




今年8月7日に亡くなっています。



日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.10.04 Thu
さ~て
ようやく動き出せそうだ。

決戦は来週火曜日
なまら本気でいかせていただきます!

もう後が無いからな。


やるときは、やるぜ・・・。




西から昇ったおひさまが

東へ~沈む~~♪



日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.10.02 Tue
雨のソナタ
ゆるりゆるり・・・

しゅとんしゅとん・・・

ぱらこぱらこ・・・


音色が
目の前を踊りながら過ぎていく

でも
彼らについて私は知らない

知りたい。

知りたい。

それは
愛しているから?

それとも
ただの虚勢?

塵のような感情が邪魔をする。

彼らは
そんな私の耳を撫でて
去っていく




逃げて

逃げて

行く先はどこなのか

日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.10.01 Mon
風船
風に乗って飛ぶのか。
それとも
風に流されているだけなのか。

ひどい嵐に遭うかもしれない。
鳥に突付かれるかもしれない。

それで割れるならそれはそれだ。
しぼむまで飛べるなら誇れるか。


周りがどう捉えようが
それを位置づけるのは自分自身だろう


一人で死ぬ覚悟をしなくてはいけない。
親を一人で看取る覚悟もしなくてはいけない。

日常    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。